残念ながら、不動産一括査定サイトを利用したため

残念ながら、不動産一括査定サイトを利用したために悪質な営業を受ける被害は時々あります。

そのため、匿名で不動産の査定をお願いしたいというニーズが増えています。そのため、この頃は、個人情報を入力せずに不動産の一括査定を受けられるサイトが主流になっているようです。

こうしたサイトが人気になる理由は、個人情報を入力したせいで査定後に営業を受けたり、電話を繰り返されるといったリスクを回避できますし、素性の疑わしい業者にご自身の詳しい個人情報が渡る危険性を防ぐことができます。
しかし、注意点もあります。

匿名で依頼できる査定は簡易査定だけなので、おおよその査定額しか出してもらえないでしょう。
一戸建てを売る時は色々トラブルがありますが、その中でもよくあるのは、専任媒介契約をしておきながら、不動産業者を介さずに買手をみつけて、何の相談もなく売却契約を行うケースでしょう。こういう場合は、その不動産業者に広告に使った費用、そして、契約が決まったら払うはずだった手数料と同じくらいの違約金を支払うようにいわれても仕方がないでしょう。一般媒介を選んでいれば、不動産業者の仲介以外で買ってくれる人を見つけても、差し支えはないため、違約金などもいりません。とはいえ、不動産業者にとっては利益になりづらいこともあり、専任媒介の物件と比べて、熱心に売ろうとはしてもらえないかもしれません。

まだ昭和だった頃に購入した建売住宅など築年数の古い家屋を売る際にも、リノベーションのためのベースとして購入を検討している人も増えていますから、昔より売却が可能になってきました。それに最近では、広い延床面積を持つ家だと、ルームシェアリングに適しているというので敢えて希望する買い主が現れるパターンもあります。例えば耐震や建物診断をしてもらい、シロアリ被害や傾斜などの問題がないことが客観的に証明されれば、より有利な取り引きができるでしょう。
http://xn--xcka2ezbwa9cdu2fcf9ht818bnq8c.xyz/